ENGLISH | CHINESE+TAIWAN | KOREAN
   HASHIMOTO  TSUTOMU

 TOMUSINET
 ENGLISH
 CHINESE
 KOREAN
 JAPANESE





2002.10.09.-
  
 橋本努 HASHIMOTO TSUTOMU

目次 | | BIOS | プロフィール | 著作 | 研究活動 | マックス・ウェーバー | NEW YORK/台湾など | 写真 | 音楽 |
| CAMPUS | 講義 | ゼミ | 学生生活のヒント | 大学院進学のススメ |
NEXUS | リンク | メール | ブログ | ツイッター |

橋本ゼミ「ナツサン」夏の三冊2014


What's New?

 留学生のエッセイをアップしました。中国語です。
劉林妮 | 斉園 | 陳開元 | 駱倩倩 (201606)

 編著『現代の経済思想』刊行記念、 現代の経済思想を読み解くためのブックリスト(パンフレットPDF)

 2016年5月。経済学史学会大会報告のための資料はこちらです。 橋本努(北海道大学)「冷戦構造の変遷と経済学」導入・要旨・文献リスト[PDF]

 Texts on my Lecture (graduate course).
Economic Theories of War and Peace
Daniel Kahneman et al. Well-Being
Ed Diener The Science of Well-Being
Posner and Sunstein Law and Happiness
Gough Global Capital Human Needs and Social Sciences

 書評しました。後藤玲子著「福祉の経済哲学」『図書新聞』2016年1月1日号、10面、所収

 拙著の一部が、高校の国語教科書に採用されることになりました。拙著『ロスト近代』の一部が、高等学校の国語教科書図書『精選現代文B』に所収予定、2018年4月から2023年3月を予定。

 ネット配信論稿です。「憲法改正を視野に入れた立憲主義は、いかなる価値に服すべきか--安保法制案はまだ熟していない」
荻上チキ責任編集“α-Synodos”Vol.186+187 特集:立憲主義と民主主義
2015年12月20日、所収。安保法制案に関する私の見解です。「熟成型民主主義」という私なりの立法学に基づいて展開しています。

 続けて書評しました。ご笑覧ください。マーク・ブライス『緊縮策という病 「危険な思想」の歴史』NTT出版、『東洋経済』2015年12月12日号、112頁、所収

  拙評です。ご笑覧ください。ポール・オームロッド『経済は「予想外のつながり」で動く』ダイヤモンド社、『東洋経済』2015年11月21日号、138頁、所収

  拙論「自律していない者たちの社会契約--リバタリアン・パターナリズム論の射程」が、内田隆三編『現代社会と人間への問い いかにして現在を流動化するのか?』せりか書房、2015年11月刊行、377-397頁、に収められました。ご笑覧ください。

  「経済倫理=あなたは、なに主義?」アンケート結果201506
北海道大学経済学部、講義「経済思想」におけるアンケート結果。Sealdsの影響でしょうか。二年前と大きく異なる結果に。

 【中学生向け教材】拙著学問の技法の一部が、中学生の学力診断テストに出ました。ベネッセコーポレーション「学力診断問題 2016-2018年度 中学共通」に採用されました。

 経済教育学会大会にて基調講演をしました。そのときのアンケート結果です。意外な結果となりました。「経済倫理=あなたは、なに主義?」アンケート結果201509

 台湾での講演で行ったアンケートの結果はこちらです。イデオロギー傾向は、日本の学生とあまり変わりませんね。「経済倫理=あなたは、なに主義?」アンケート結果201505

 書評しました。「榊原英資『戦後70年、日本はこのまま没落するのか』朝日新聞出版」『東京新聞』2015年8月9日、9頁、所収

  書評しました。「佐々木俊尚『21世紀の自由論 「優しいリアリズム」の時代へ』NTT出版」『週刊東洋経済』2015年8月1日号、111頁、所収

 鼎談しました。「経済学は、どこから来て、どこへ向かうのか?」岩井克人+若田部昌澄+橋本努『総力ガイド! これからの経済学 マルクス、ピケティ、その先へ』経済セミナー増刊号、2015年9月刊行、4-17頁、所収
『経済セミナー増刊号』201509 表紙 | 目次 (PDF)

  エヴァンゲリオンについてインタビューを受けました。「「ぼくはぼくだ」は承認されないのか~エヴァンゲリオンをめぐる論点」石岡良治(批評家)、橋本努(北海道大学大学院教授)、坂村健(東京大学大学院教授)、
週刊「アエラ(AERA)」2015年8月31日、37号、35-37頁、所収

 北海道の幌延にある「幌延深地層研究センター」に行ってきました。その写真です。201506

 拙論「テロリズムとの戦争」西谷修ほか共著『戦争思想2015』河出書房新社、148-159頁、所収です。ご笑覧ください。 目次 はこちらです。

 拙著『学問の技法』の一部が、平成27年度日本留学試験(第一回)の試験問題「日本語:読解」に採用されました。

 拙編著『現代の経済思想』関連の学会セッションをします。経済学史学会 第79回大会 滋賀大学2015年5月31日(日) 9:30-11:40 第二会場 | 大会プログラム |

 さっぽろ市の冊子の一部を担当執筆しました。
『さっぽろ エネルギーの未来』札幌市市長政策室政策企画部(エネルギー政策統括担当)、「9.創エネ・省エネのための新しいライフスタイルに向けて」69-72頁、所収
 この冊子は、札幌市の市役所・区役所・区民センターで配布しています。またホームページでも公表しています。

 論評しました。「トマ・ピケティ『21世紀の資本』――100年先を見据えた政治変革という、人類の英知が問われている」『図書新聞』2015年5月2日、2面、所収

 台湾で講演してきました。写真はこちら。201505

 書評しました。「キャス・サンスティーン著『恐怖の法則 予防原則を超えて』勁草書房、2015年刊行」『週刊東洋経済』2015年4月11日号、113頁、所収。ご笑覧ください。

  拙論「ピケティ『21世紀の資本』――グローバル化した世界を変革するための「大きな物語」 」[Web] シノドス(SYNODOS)2015.03.27 Fri
[Web] Blogos ご笑覧ください。

 【書評再掲】「米国の衰退を大胆に予測 「帝国以後」(E・トッド著、石崎晴己訳)」=2003年5月29日②配信、745頁、所収
「語り合うための入門書 『建築学』の教科書」(安藤忠雄ほか著)」=2003年6月19日⑤配信、755頁、所収
「生命燃え立たせ生きるため 「水源」(アイン・ランド著、藤森かよこ訳)」=2004年7月29日⑥配信、916頁、所収
共同通信文化部〔編〕『書評大全』A5 判・2,560 頁、定価(本体16,500 円+税)、2015年3月刊行(共同通信配信の書評16年分(1998年~2014年)を1冊に凝縮)リーフレット1 | リーフレット2

  拙論「コミュニタリアニズムのために 概念の再規定」『相関社会科学』第25号、2015年3月1日発行、123-128頁、所収。ご笑覧ください。

 書評しました。「正村俊之著『変貌する資本主義と現代社会』」『社会学研究』第95号、2015年1月、151-155頁、所収。ご笑覧ください。



2style.net