ENGLISH | CHINESE+TAIWAN | KOREAN
   HASHIMOTO  TSUTOMU

 TOMUSINET
 ENGLISH
 CHINESE
 KOREAN
 JAPANESE





2002.10.09.-
  
 橋本努 HASHIMOTO TSUTOMU

目次 | | BIOS | プロフィール | research map | 著作 | 研究活動 | マックス・ウェーバー | NEW YORK/台湾など | 写真 | 音楽 |
| CAMPUS | 講義 | ゼミ | 学生生活のヒント | 大学院進学のススメ |
NEXUS | リンク | ブログ | Twitter | E-mail: hasimoto[...]econ.hokudai.ac.jp




 拙著『自由の論法』創文社(1994年)を、お譲りします。
2020年3月をもって、創文社は、書店販売を含むすべての業務を終了しました。
6月に解散するとのことです。
大学院生・研究者の皆様、
もしご関心がありましたら、どうぞお気軽に上のメールアドレスへご連絡ください。

What's New?

 橋本ゼミ「教養プロジェクト」2020アップしました。
2020-1a | 2020-1b | 2020-2a | 2020-2b | 2020-3a | 2020-3b | 2020-4a | 2020-4b | 2020-5a | 2020-5b | 2020-6a | 2020-6b |

  【トークイベント】那須耕介×橋本努×吉良貴之×瑞慶山広大
ナッジ!したいですか?されたいですか? —される側の感情、する側の勘定
『ナッジ!?』(勁草書房)刊行記念
本屋B&B(Book and Beer)主催、ZOOM開催。
2020年8月10日、15:00-17:00

5月刊行直後に朝日新聞書評に取り上げられ、刊行から1か月もたたずに重版がかかった大注目の学術(?)書『ナッジ!?』が、編者のお二人にくわえてさらに強力な若手論客をゲストに迎え、B&Bにオンラインで登場します!

 インタビューを受けました。「新型コロナ克服への提言 人の行動変化促す「仕掛け」共有して」『北海道新聞』2020年7月19日朝刊、5頁、所収。ご笑覧ください。

 書評しました。「没後100年M・ウェーバーに迫る二冊
今野元『マックス・ヴェーバー』岩波新書/野口雅弘『マックス・ウェーバー』中公新書『公明新聞』2020年7月27日、4頁、所収


 【社会活動】「ソーシャルアクションタンク
第三回 8月12日(水) ZOOM
屋嘉比 ふみ子 氏(ペイ・エクイティ・コンサルティング・オフィス)
「男女の賃金格差」について議論します。ぜひご参加ください。

 「ソーシャルアクションタンク
第二回 7月29日(水)
松本 亜樹子氏(NPO法人 Fine 現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会 理事長)
「不妊治療・妊活と仕事との両立」

 
 【オンライン・トーク】シノドスの企画で、新たにオンラインによるトーク・イベント、「著者とつながる「トークラウンジ」」を始めます。
第一回:『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。』(8月17日20:00-21:30, ZOOM)
山本貴光+吉川浩満 / 橋本努+芹沢一也(聞き手) 
ぜひご参加ください。

 
【社会活動】「ソーシャルアクションタンク」
シノドス国際社会動向研究所とサービスグラントのコラボで、「ソーシャルアクションタンク」を設立しました。最初の事業は、オンライン・インタビュー。
2020/21 [STEP-1] 連続公開インタビュー
第一回 7月15日(水)
岡田 妙子氏(NPO法人 バディチーム理事長)
「シングルマザー・養育困難な家庭における生活環境」

 【エッセイ】 Chapter-01「新型コロナウイルスとナッジ政策」
α-Synodos,”vol.276 (2020/6/15)所収 (ネット配信)

 【報告書】シノドス国際社会動向研究所の報告書です。「新しい中間層の可視化に向けて(2)
2020 年 5 月 13 日 文責・橋本努/金澤悠介/吉田徹

  対談の後編です。那須耕介×橋本努「めんどうな自由、お仕着せの幸福 番外編2:『ナッジ!?』刊行記念・編者対談(前編) 「小さなおせっかい」の楽園と活動的生
勁草書房ビブリオフィル 2020年6月23日掲載

  対談です。那須耕介×橋本努「めんどうな自由、お仕着せの幸福 番外編1:『ナッジ!?』刊行記念・編者対談(前編) 「小さなおせっかい」の楽園と活動的生
勁草書房ビブリオフィル 2020年6月18日掲載

 戦争と平和をめぐる論考です。「冷戦期以降の戦争と経済思想--E.シューマッハー、J.ガルブレイス、K.ボールディング--」小峯敦編『戦争と平和の経済思想』晃洋書房、2020年3月刊、171-191頁、所収。

 リプライ論稿です。 「「リスク認識とイデオロギー 新たな理論と調査結果の分析」に対する中山竜一先生へのコメントへの応答」『法の理論』38、成文堂、2020年3月、205-209頁、所収

  書評しました。 小林盾著『美容資本 なぜ人は見た目に投資するのか』勁草書房、2020.3.20..刊行、『東洋経済』2020年6月6日号、84頁、所収

  共編著を刊行しました。那須耕介・橋本努編『ナッジ!? 自由でおせっかいなリバタリアン・パターナリズム』勁草書房、2020年5月。
表紙 | 立ち読みコーナー | 目次・はじめに・おわりに・各章冒頭 | 那須×橋本対談 | インタビュー企画「めんどうな自由、お仕着せの幸福」
日本を代表する、気鋭の法哲学者/政治哲学者にご寄稿いただきました。執筆者の皆様、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

 書評しました。 デヴィッド・グレーバー著『民主主義の非西洋的起源について』以文社、2020.4.24..刊行。『週刊読書人』2020年6月5日号、4頁、所収

 学部講義「社会経済学 II 2020」のガイダンスです。更新しました。20200501

 大学院講義「基礎社会経済分析」のガイダンスです。
その資料です。Graduate Course Materials 2020: Citizenship and Immigrants. 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

 
【プロボノ1DAYワークショップ】
SYNODOS × サービスグラント 協働企画「“「ソーシャル」なシンクタンク” の青写真を描く」

4月11日、渋谷で開催する予定でしたが、ZOOM会議に切り替えます。

 書評しました。ヤシャ・モンク著『自己責任の時代 その先に構想する、支えあう福祉国家』那須耕介・栗村亜寿香訳、みすず書房、2019.11.18.刊行、『東洋経済』2020年3月14日号、101頁、所収

 書評しました。岩田一政/日本経済研究センター編『2060デジタル資本主義』日本経済新聞社、2019.12.4.刊行、『東洋経済』2020年2月29日号、96頁、所収

 書評しました。 樫村愛子著『この社会で働くのはなぜ苦しいのか 現代の労働をめぐる社会学/精神分析』作品社、2019.10.30.刊行 、『東洋経済』2020年1月18日号、93頁、所収

  共著論文が掲載されました。Tsutomu Hashimoto, Yusuke Kanazawa, Kyoko Tominaga, "A new liberal class in Japan: based on latent class analysis.", Economic and Social Changes: Facts, Trends, Forecast, 2019, vol. 12, no. 5, pp. 192–210. DOI: 10.15838/esc.2019.5.65.13

 韓国に行ってきました。 2019 Seoul National University - Hokkaido University JOINT SYMPOSIUM, 21st Century Sociological Imagination and Thinking: How can we facilitate the reconciliation and dialogue in East Asia?

  書評しました。曾暁霞(そう・ぎょうか)著『日本における近代経済倫理の形成』作品社、2019.6.刊行、『東洋経済』2019年11月9日号、138頁、所収

 書評しました。ブライアン・カプラン『大学なんか行っても意味はない?』月谷真紀訳、みすず書房、2019年7月刊行、『東洋経済』2019年11月12日号、132頁、所収

 Tsutomu Hashimoto, "A Theory of Real Freedom: Toward a Growth-oriented Liberalism," in Review of Economic Philosophy (Journal Revue de philosophie economique), 20(1) Juin 2019, pp.63-87. PDF | Journal Cover | Journal Information

 日本社会学会大会報告原稿です。 "The Nature of Unintended Consequence in Max Weber’s thesis on Protestant Ethic and the Spirit of Capitalism" 2019年10月5日 [PDF] (パスワードがかかっています。メールにてお問い合わせください。)

  単著を刊行しました。『解読ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』』講談社メチエ、2019年7月刊行。ご笑覧ください。
あいさつ はこちらです。

 エッセイです。拙著『解読ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』』の内容の一部を紹介しています。「ウェーバー『プロ倫』に隠された謎とは 現代の文脈で「社会科学の古典」を解き明かす
ネットマガジン「現代新書」講談社、2019年8月10日、掲載

 エッセイです。拙著『解読ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』』の内容の一部を紹介しています。「「ある宗教」を信じていた人々が、なぜか金持ちになれた理由 3分で理解できる『プロ倫』の中身」ネットマガジン「現代ビジネス」講談社、2019年7月13日、掲載

 北海道大学オープンキャンパス体験ゼミ、2019年8月5日実施、「あなたはなに主義?」のアンケート結果です。高校1-2年生による回答。近代卓越主義が人気です。

 書評しました。P.W.シンガー、エマーソン・T・ブルッキング著『「いいね!」戦争 兵器化するソーシャルメディア』
『東洋経済』 2019年08月10-17日号、150頁、所収

 書評しました。「古野庸一著『「働く」ことについての本当に大切なこと」『東洋経済』 2019年07月13日号、104頁、所収

 書評しました。「ジェリー・Z・ミュラー著『測りすぎ』松本裕訳」『東洋経済』 2019年06月29日号、134頁、所収

 学会報告してきました。Hashimoto Tsutomu, "A Theory of Spontaneous Well-being", at Special Workshop no.78: Collective Decision Making in a Theory of Justice
Tuesday 9 July, 14.00-18.30, Löwengraben 202. Summary PDF
IVR 2019, 7-12 July, Lucerne, Switzland
(IVR = der Internationalen Vereinigung für Rechts- und Sozialphilosophie )

 入試問題および予備校テキストに採用されました。
拙著『ロスト近代』の一部が、河合塾の『2018年度1学期中3私立速習 国語』および『2018年度1学期中3私立速習コース 国語問題』に採用される。
拙著『学問の技法』の一部が、2019年1月、実践女子短期大学公募推薦小論文試験問題に採用される。
拙著『学問の技法』の一部が、北九州市立大学の英語入試問題に採用される。
拙著『ロスト近代』の一部が、『2020--駿台 センター試験 過去問題集 国語』駿台文庫、2019年6月刊、に採用される。
拙著『学問の技法』の一部が、明星大学2019年度AO入学試験10月 試験問題 経営学部経営学科、小論文、に採用される。

  シノドス国際社会動向研究所にて、研究会を開催しました。
第1回 2018年2月18日(月曜日)北海道大学東京オフィス
第2回 2019年4月20日(土曜日)キャンパスプラザ京都
第3回 2018年6月21日(金曜日)北海道大学東京オフィス

 学会報告しました。 Tsutomu Hashimoto, Yusuke Kanazawa and Kyoko Tominaga, "How can we articulate Japanese Rising Middle Class," ("A New Liberal Class in Japan: Based on Latent Class Analysis,"a part of the presentation) [PDF]
presented at East Asian Sociological Association (EASA), Inargual Conference at Chuo University, Tokyo, March 8-9, 2019.
Session 30: Room 410m Social Stratification and Identity 2
March 9, 12:50-14:50

 入試問題および予備校テキストに採用されました。
拙著『ロスト近代』の一部が、『2020大学入試センター試験過去問レビュー 国語』河合出版に所収。
拙著『ロスト近代』の一部が、『センター試験問題データベース センターTen2019 国語版』および『センター試験問題データベース センターTenS2019』ジェイシー教育研究所、に所収。
拙著『学問の技法』の一部が、2019年度、文教大学の入試問題「社会人・小論文」に採用される。
拙著『ロスト近代』の一部が、『センター現代文・勝利への方程式』駿台予備校教材、に採用される。
拙著『ロスト近代』の一部が、『高3 プレミアムライブ 有名大クラス テキスト』に採用される。
拙著『ロスト近代』の一部が、大阪保健医療大学の2019年度入試問題に採用される。
拙著『ロスト近代』の一部が、秀英予備校のテキストに採用される。

 拙論「幸福の経済原理---自生的な善き生(ウェルビイング)の理論(下)---」『思想』2019年6月号、no.1142, 103-126頁、所収
これで完結しました。ご笑覧ください。

  新しい講義レジュメをアップしました。[PDF] 橋本努『経済倫理=あなたは、なに主義』Ch.1[2019version].(講談社メチエ)

橋本ゼミ「ナツサン」夏の三冊2014

2style.net