学部担当科目 板谷淳一 (Jun-ichi Itaya)
 
[1]経済学入門
[2}マクロ経済学I (Macroeconomics I)
[3]公共経済学 (Public Economics)

[4]ゲーム理論
[5]学部演習



 
 [1]経済学入門
 

ppt
ファイル

スライド1 スライド2 スライド3  

-

 

-

 

-

 

 

 

-

 

-

 

-

         

[2]マクロ経済学I (Macroeconomics I)

 本講義は以下のことを目的とします。

  1. マクロ経済学に関する標準的な知識の習得(公務員試験あるいは経済学検定試験等に十分対応できるような標準的な内容の講義を行うことを目ざします)。
  2. 日本のマクロ経済を理解するための基礎的知識の習得。
  3. マクロの経済データに慣れること(授業では、さまざまな日本のマクロの経済に関するデータを提供する。それらのデータがマクロ経済理論によってどのように説明されるかを解説します。)


 講義の具体的な内容は次のようになります。

  1. 日本のマクロ経済に関する現状分析
  2. 国民所得統計
  3. 産業連関分析
  4. マクロ消費関数理論
  5. マクロ投資関数理論
  6. 財市場の均衡と乗数分析
  7. 貨幣需要および貨幣供給
  8. 貨幣市場の均衡と信用乗数
  9. IS-LM分析
  10. 財政金融政策の効果
  11. 労働市場と賃金の硬直性について
  12. 財市場、貨幣市場および労働市場の結合: AD-AS分析
  13. フィリップス曲線とインフレーション
  14. 開放マクロ経済

なお、講義内容は毎年、若干変更されること可能性がある。当該年度の正確な講義内容を知りたい学生は、以下のリンクにアクセスして調べてほしい。

 成績評価は期末試験の結果及び授業中における発言内容(点数化して)および出席点(事前に予告なく2回出席調査を行う)を合計して、最終的な成績を決めます。

【教科書】

  • マクロ経済学・入門(第4版)福田慎一・照山博司(著)有斐閣、2011
  • 演習式 マクロ経済学・入門(第4版)福田慎一・照山博司(著)有斐閣、2009

【参考文献】

  1. マンキュー『マンキュー・マクロ経済学I(入門編)』および『マンキュー・マクロ経済学II(基礎編)』、東洋経済新報社、2004.
  2. ブランシャール『ブランシャール・マクロ経済学上、下、』東洋経済新報社、2000
  3. スティグリッツ『スティグリッツ・マクロ経済学(第2版)』東洋経済新報社、2001.
  4. ジョーンズ『マクロ経済学I』および『マクロ経済学II』東洋経済新報社、20102011年、.
  5. 小峰隆夫『最新日本経済入門 第2版』日本評論社、2003.

【講義ノートのダウンロード】

前半
ppt
ファイル

日本経済

マクロ経済学
GDPの測定1

GDPの測定2

GDP
デフレーター

CPI

産業連関分析1

産業連関分析2

-

-

-

消費関数1

消費関数2

消費関数3

消費関数4

-

後半1
ppt
ファイル

投資関数1

投資関数2

投資関数3

投資関数4

-

在庫投資

住宅投資

-

-

-

乗数効果1

乗数効果2

-

-

-

後半2
ppt
ファイル

貨幣需要1

貨幣需要2

貨幣供給1

貨幣供給2

-

労働市場

-

-

-

-

IS-LM分析

AD-AS分析

フィリップス曲線

-

-

 

過去問1

過去問2

過去問3

  過去問4

  過去問5

 過去問6

  過去問7

過去問8

 

 

 

 

 

[3]公共経済学 (Public Economics)

  今日、市場経済は地球的規模でその普遍性を獲得してきたが、他方、環境問題や所得分配の不平等といったいわゆる『市場の失敗』が起きています。また、多くの 先進資本主義国では公的部門の比重が高まっているが、しばしば、民間部門に比較してその経済的非効率性が問題にされたり、場合によっては、規制緩和や公企 業 の民営化が行われています。本講義ではこのような市場の失敗の原因とその処方箋及び公的部門の規制のあり方について解説します。公共経済学の基礎知識を獲 得することを目的としますが、厚生経済学、財政学、産業組織論の一部をカバーする予定です。また、本講義を理解する上で、ミクロ経済学の基礎的な知識を前 提とするので、ミクロ経済学の履修済みあるいは同時履修が望ましい。


 具体的には次のような内容になります。

  1. 競争均衡とパレート最適
  2. 厚生経済学の基本定理
  3. 所得不平等の実際と計測尺度(ジニ係数)
  4. 社会的厚生関数と最適所得分配(ピグーおよびラーナーの社会的厚生関数、パレート最適分配、ローズのマックスミニ基準など)
  5. 社会保険制度の存在根拠
  6. 外部性と市場の失敗
  7. 外部性に対する経済的手段(合併、ピグー税および補助金政策、直接規制、排出権取引市場)
  8. コースの定理(当事者間の自発的交渉)
  9. 公共財の配分メカニズム(リンダール. メカニズム、中位投票者の理論、クラブなど)
  10. フリー.ライダーの問題(クラーク.メカニズム)
  11. 費用逓減産業と市場の失敗
  12. 公益事業の料金規制(その1)限界および平均費用価格形成原理、2部料金制など)
  13. 公益事業の料金規制(その2)ヤードスティック競争、キャップ制などのインセンティブ規制など

 なお、講義内容は毎年、若干変更されること可能性があります。また、本講義は隔年で開講されることと、担当者が毎回板谷であるとは限らないことに注意してください。当該年度の正確な講義内容と担当者を知りたい学生は、以下のリンクにアクセスして調べてください。

 成績評価は期末試験の結果及び授業中における発言内容(点数化して)および出席点(事前に予告なく2回出席調査を行う)を合計して、最終的な成績を決めます。

【教科書】

  1. 板谷淳一、佐野博之『公共経済学』(コアテキスト)2012年刊行予定
  2. 入谷・岸本編『公共経済学』、有斐閣、1998.
  3. 岸本哲也『公共経済学(新版)』、有斐閣、1998.

【参考書】

  1. 麻生良文『公共経済学』、有斐閣、1998.
  2. 加藤寛編『入門公共選択』、三嶺書房、1999.
  3. 武隈慎一『ミクロ経済学(増補版)』、新世社、1999.
  4. レイヤード・ウオルターズ著荒憲治郎他訳『ミクロ経済学』、創文社、1978.
  5. 細田衛士『グッズとバッズの経済学:循環型社会の基本原理』、東洋経済新報社、1999.
  6. 井堀利宏・土井丈朗『日本政治の経済分析』、木鐸社、1998.
  7. Aye L. Hillman, Public Finance and Public Policy: Responsibilities and Limitations of Government, Cambridge University Press, 2003.


【講義ノートのダウンロード】

前半
ppt
ファイル

はじめに
pdfファイル)

数学

-

-

-

競争均衡

消費のパレート最適

パレート最適

市場の失敗

-

所得分配1

 所得分配2

所得分配3

所得分配4

アローの
不可能性定理

公共財1

公共財2

公共財3

公共財4

公共財5

後半
ppt
ファイル

外部性1

外部性2

外部性3

-

-

公益事業1

公益事業2

公益事業3

-

-

社会保障

-

-

-

-

 

過去問

pdf1

pdf2

  過去問1

  過去問2

  過去問3

  

過去問4

過去問5

過去問6

過去問7

過去問
   過去問9  過去問10 過去問11  過去問12  過去問13

 

[4]ゲーム理論 (Game Theory)

  ゲーム理論およびミクロ経済学に関する基礎的な知識を身につけることを目標とします。

次のような授業内容で行う。
 
1.ゲーム理論とは何か。
 
2.戦略形ゲーム
 
3.ナッシュ均衡
 
4.戦略形ゲームの応用
 
5.展開形ゲーム
 
6.展開形ゲーム
 
7.混合戦略
 
8.不完全情報の展開形ゲーム
 
9.繰り返しゲーム
 10.
不確実性とゲーム理論
 11.
不完備情報の戦略ゲーム
 12.
不完備情報の展開形ゲーム

 成績評価はテストの結果および授業中の発言内容や授業参加への積極性等を考慮して総合して成績を決める。時々、小テストを行う予定。

【教科書】

  1. 戦略とゲーム理論 / 小島博之、松原望 : 東京出版, 2011, ISBN:9784489021114
  2. ゼミナール ゲーム理論入門 / 渡辺隆裕 : 日本経済出版社, 2008, ISBN:9784532133467

【参考書】

  1. 『経済学のためのゲーム理論入門』 / ロバート ギボンズ, 1995
  2. ゼミナール ゲーム理論入門 / 渡辺 隆裕 : 日本経済新聞出版社, 2008
  3. ゲーム理論・入門人間社会の理解のために / 岡田彰 : 有斐閣アルマ, 2004
  4. Games, Strategies and Decision Making / Joseph E., Jr. Harrington : Worth Pub, 2008, ISBN:139780716766308
  5. ゲーム理論 / 岡田彰 : 有斐閣, 2011

【講義ノートのダウンロード】

ppt
ファイル

ゲーム理論1

ゲーム理論2

-

-

-

ナッシュ均衡

純粋戦略

混合戦略1

混合戦略2

-

展開型ゲーム1

展開型ゲーム2

不完備情報ゲーム1

不完備情報ゲーム2

-

繰り返しゲーム

進化ゲーム

-

-

-

 

問題

演習1

過去問1 過去問2

  

 

 


    

[5]学部演習

  ゼミではゲーム理論およびその応用分野(産業組織論など)を中心に勉強します。ゲーム理論は現代経済学を理解するうえで必須の分析手法であり、ミクロ経済学、公共経済学、財政学、国際経済学、 産業組織論などの応用経済学の分野では頻繁に用いられています。したがって、これら応用経済学のさらに進んだ勉強ためにはゲーム理論の理解は必須であると考えられます。さらに、 近年、経済学にとどまらず、政治学、社会学、心理学や生物学などの分野にも応用されており、社会科学の共通言語あるいは共通の分析ツールとしての地位を築きつつあります。
  ゼミでは、ゲーム理論の応用例を中心に勉強するので、ミクロ経済学、産業組織論や公共経済学等の知識を同時に深めることもできます。それに付随して、ゼミ では、英語の読解力をつけることと、経済的理論的な考え方を身につけることと、忍耐力を養うこと、論理的な議論の仕方に慣れることも併せて目標とします。
 最後に、過去に使用されたテキストを掲げておきます。

  1. Bierman,H.S. and L.Fernandez, 1998, Game Theory with Economic Applications, 2nd.edtion, Addison-Wesley.
  2. Dutta, P., 1999, Strategies and Games: Theory and Practice, The MIT University Press.        (2006年度学部ゼミで使用)
  3. Watson, J., 1999, Strategy: An Introduction to Game Theory, W.W. Norton & Company.               (2007年度および2008年度学部ゼミで使用)
  4. Cabral, B,LM, 2000, Introduction to Industrial Organization, The MIT Press.                    (2008年度学部ゼミで使用)
  5. Jones, I.C, 2008, Macroeconomics, W.W. Norton & Company.             (2009年度学部ゼミで使用)
  1. Watson, J., 2007, Strategy: An Introduction to Game Theory, 2nd Revised edition, W. W. Norton & Co.    (2010年度学部ゼミで使用)
  2. Harrington, Joseph, E.Jr., 2009, Games, Strategies, and Decision Making, Worth Publishers.             (2011年度、2012年度および2013年度学部ゼミで使用)
  3. Aviad Heifetz, 2012, Game Theory: Interactive Strategies in Economics and Management, Cambridge University Press. (2013年度,2014年度および2015学部ゼミで使用)
  4. Tadelis, Steven, 2013, Game Theory: Interactive Strategies in Economics and Management, Cambridge University Press. (2014年度から2017年度学部ゼミで使用)

 

Aviad Heifetz

Aviad HeifetzのAmazon著者ページを見る

著者の作品一覧、著者略歴や口コミなどをご覧いただけます

この著者の検索結果を表示

あなたは著者ですか? 著者セントラルはこちら  

1の表紙

2の表紙

3の表紙


トップページへ