1. 授業の目標    Course Objectives

この科目では数理的非協力ゲーム理論と,それをどのように使って経済的・社会的・政治的現象を理解するかを学ぶ。ゲーム理論特論Aよりは現実的な(例えば限定合理的プレイヤーによる)状況の数理モデルを理解することに重点を置く。
In this course, you will learn the mathematical non-cooperative game theory and how they can be used to understand economic, social, and political pehnomina. Emphases are on understanding the mathematical model for more realistic (e.g. played by bounded rational players) situation than one described in “Special Study of Game Theory A.”

2 到達目標    Course Goals

1) 一般的な数理ゲーム理論を理解しすること。
2) それを使って多様な経済的,社会的,政治的,経営的問題を分析し何か実際の問題に対する解決策を発見できるようになること

1) To understand the general mathematical game theory.
2) To be able to use the theory for analyzing and solving various economic, social, political, and management problems and to be able to find the solutions for some actual problems


3. 授業計画    Course Schedule

1) はじめに 4/6
2) 戦略形ゲーム  (理論) 4/13 (応用) 4/20
3) ナッシュ均衡の精緻化  (理論) 4/27 (応用) 5/11
4) 不完備情報 (理論) 5/18 (応用) 5/25
5) 繰り返しゲーム (理論) 6/8 (応用) 6/15
6) 進化ゲーム 6/22, 29
7) 学習ゲーム 7/6
8) 社会的学習と均衡選択 7/13
期末試験 7/20
計15回

1) Introduction 4/6
2) Solving Strategic Form Games  -Theory 4/13 -applications 4/20
3) Refinments of Nash equilibrium  -Theory  4/27 -applications 5/11
4) Incomplete Information -Theory 5/18 -applications 5/25
5) Repeated Games -Theory 6/8 -applications 6/15
6) Evolutionary Games 6/22, 29
7) Learning Game  7/6
8) Social learning and equilibrium selection  7/13
Final Exam  7/20
total 15


4.テキスト・教科書    Textbooks

教科書:Vega-Redondo, Fernando (2003) Economics and the Theory of Games,
    Cambridge University Press.

5.成績評価の基準と方法    Grading System
 
期末試験と授業での発表を加味して評価。
The final grade will be based on final examinations and classroom presentation.

6.履修上の注意事項

 本授業はゲーム理論特論Aの理解を前提としているため,それと同じレベルの知識を持っていることが必要。微分方程式の基本的知識も必要。履修者の構成によっては授業で英語も使用する。


ゲーム理論B
本文へジャンプ