ゲーム理論
本文へジャンプ

1. 授業の目標
 この講義は,2年次に学んだミクロ経済学Iの理解に基づいて,ゲーム理論の基本的考え方を学び,さらにその応用分野である情報の経済学などの一歩進んだミクロ経済理論を理解して,経済問題や社会問題の考察に使えるようになることを目指す。

2 到達目標 
 
経済主体間の戦略的行動や,情報が不完全な環境での経済主体の行動といった,条件付き最適化をベースとした伝統的ミクロ経済学より現実に近い設定での意思決定理論であるゲーム理論を理解し応用できるようになることを目指す。

3 授業計画(予定:変更の可能性あり
まず,ゲーム理論の基本的な概念や考え方を説明し,次にその応用分野である情報の経済学について,応用例を解きながら学ぶ。最後にゲーム理論の最近の研究やその他のトピックについても時間の許す範囲で紹介する。具体的には以下のような順序で講義する。

(1) ゲーム理論の基礎
@) ゲーム理論とは何か ii) 不確実性の扱い方 iii)戦略ゲームとナッシュ均衡,iv)ダイナミックなゲーム v)繰り返しゲーム
(2) ゲーム理論の応用
 i)情報不完備ゲーム ii)交渉ゲーム iii)協力ゲーム
(3) ゲーム理論の新しい分野
 進化ゲーム,ゲーム実験など

また,毎回授業中に練習問題を解く時間を設けたり家庭学習用の問題を出したりして,履修者が自分の理解度を確認できるようにする。2回の試験の前には復習の時間を設け,中間試験後は解説の時間を持つ。

4 評価方法
 中間試験と期末試験で4対6程度の重みをつけて評価する。体系化された数理的な科目であるため,試験による絶対評価がほぼ可能であり,成績分布についての基準は特に設けないが,合格基準は試験の難易度なども考慮して決める。試験問題は授業中に説明で使った例題や上述の練習問題と同水準のものとするが,同じ問題ではないので,練習問題を必ず自分で解ける程度まで理解していなければ,試験で十分な解答はできない。

5 教科書,参考書
参考書:土橋俊寛(2018)『ゲーム理論』 日本評論社。
    岡田章(2014)『ゲーム理論・入門(新版)』有斐閣アルマ 。
    岡田、加茂,三上,宮川(2015)『ゲーム理論ワークブック』有斐閣

授業で使うパワーポイント資料をダウンロードできるようにする。 (詳細は授業で説明)     


講義資料(この頁に跳ぶには講義中に指定したパスワードが必要です。)