このページの本文へ移動

北海道大学大学院経済学研究院/経済学院/経済学部

高井ゼミ [西洋経済史]

北海道発!世界に広がるフットワーク

高井ゼミの3つの特徴をあげるなら,留学,論文,自主活動でしょう。
第1に留学。海外研究を専門とすることもあり,今年はゼミ生の過半数が留学経験者です。留学先は,スウェーデンやカナダ,フランス,フィリピン,スリランカ,ハンガリー,エストニアへの交換留学,チュニジア政府給費,米国,中国,韓国での学位取得など世界に広がります。進学までは海外に縁のなかった学生もいますが,目を見張るほど成長して帰国するのは頼もしい限りです。

第2に論文。入ゼミ冒頭3ヶ月が地獄のトレーニングです。3週間毎に1冊の本を読み,小論文を連続3本書くのです。最初は苦しくても,全員が専門的な文章を書けるようになります。その後,教員との個人指導で卒論テーマを絞込み,20冊以上の本を読み,3年次中にビブリオグラフィカル・エッセイを書き上げます。4年夏休みには現地調査を行って,フィールド・サーヴェイ論文を書きます。これらの集大成である卒業論文は,学内外の論文賞で表彰されています。

第3に自主活動。ゼミ活動は学生自身が運営しています。留学帰国者が国際関係担当となって留学情報を収集蓄積します。全学プロジェクトとして3冊の留学体験記を出版するのに貢献しました。フィールドワーク担当は,企業エコノミスト・公認会計士による講演や,札幌中央卸売市場・発電所の見学を企画し,韓国ソウル調査も実現しました。ウェブマスターは,ホームページwww.takait.comを立ち上げ,北大ゼミで初めてYahooに登録されました。総務担当は,卒業生との連携や名簿・会計を担う屋台骨です。ディベート大会にも参加しています。
西洋経済史の魅力は,先進諸国が辿ってきた経路の違いを発見し,日常の「常識」をひっくり返すところにあります。普段の我々は,人生80年前後を最長単位に,日本列島を最大単位に,物事を考えることが多いはずです。
しかし,言語や国境を越え数百年の規模で見通さなければ分からないような,大きな変化の波も存在します。産業革命やグローバル化はその一例ですし,現在の「IT革命」もそうかもしれません。
日本経済システムや日本的経営も,外国経済の進化と切り離しては考えられません。本ゼミはその意味で,知識を上から教わるのではなく,自ら考える姿勢を学ぶ場所だと考えています。20歳前後の成長は目覚しく,教員も日々刺激を受けています。

高井 哲彦 准教授

高井 哲彦 准教授東京都出身。1990年慶應義塾大学卒業。 国立パリ社会科学高等研究院博士課程修了。 パリ・ニューヨーク・ロンドン計13年を経て,1999年より現職。 2001-2002年欧州経営大学院(フランス/シンガポール)客員研究員。