北大経済学部同窓会の皆様へ 
CHAIRMAN.PNG - 122,658BYTES

同窓会長  上野 昌美 (昭和47年経済学科卒)

北大経済学部同窓会会員の皆様におかれましては、お変わりなく益々ご清栄にてご活躍のこととお喜び申し上げます。
 私は平成19年秋の総会で会長を拝命してから、微力ではありますが、皆様方のご協力を得て、本会と母校の発展のために務めてまいりました。今後とも皆様方のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
 「北大経済学部同窓会」は、昭和25年の第1期卒業生以降、会員数延べ1万2千名を擁し、会員相互の親睦と母校発展に寄与することを目的に、札幌と東京を拠点にして様々な活動を行っております。皆様方ご存知の通り、産・官・学の各界の第一線で活躍していらっしゃる会員も多く、「同窓会」を安心して集えるプラットホームとして活用することで、先輩後輩の「絆」を強めております。
 本会の主な活動は、同窓会報の発行、会員名簿の作成、講演会・公開フォーラムや同窓生懇親会・交流会の開催、各種イベントの企画・運営など多岐に亘ります。学部卒業式の際には卒業祝賀会及び優秀論文賞への助成を行い、インターネット上に同窓会のfacebookを、会員の交流の場として開設提供しております。
 母校は平成16年の国立大学法人化以降、グローバル化進展のなかで、国内外の熾烈な大学間・学部間競争と厳しい大学運営環境に晒されてきました。母校は大学の同窓会と連携を重視して、ホームカミングデーの開催、同窓生を新渡戸スクールのメンターとして招聘するなど新しい取り組みを行って実績をあげています。同窓会側でも地域同窓会として平成26年4月に「ほっかいどう同窓会」が設立され、平成28年6月に従来の北大連合同窓会が解散され、全学同窓会として「北海道大学校友会エルム」として新たに発足いたしました。
 本会におきましても、母校と同窓会環境の変化に対応すべく、活動の見直しを行い、平成30年の定時総会にて同窓会規約を改正し、会員資格をこれまでの卒業生から「学部及び大学院の在校生」までに拡大いたしました。これで会員の人数は約900人増加することになります。これまでの同窓生の親睦から在校生も含めた新しく多彩な活動を展開してゆく所存です。「グレート・アクセラレーション」と言われる変化の激しい時代に、本会が皆様方のアンカーとして役立ちますように、新たな活動に取り組んでまいりますので、皆様方のご協力をお願いする次第です。