大学院入試

当学院のアドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)はこちらです。
現代経済経営専攻の修士・博士後期課程と会計情報専攻の専門職学位課程(アカウンティングスクール)の入学試験には,次のタイプがあります。

現代経済経営専攻

修士課程

試験区分

一般入試(・博士コース・専修コース)

【注意】令和2年8月に実施予定の「令和3年度現代経済経営専攻修士課程一般入試」

及び「令和3年度現代経済経営専攻修士課程社会人入試」への出願を希望する場合は,

事前に指導を希望する教員から内諾を受ける必要があります。

【事前内諾申請から出願までの手順】
1.指導希望教員を選ぶ
「大学院経済学研究院 教員一覧」及び「北海道大学研究者総覧」を参照の上,指導を希望する教員を選びます。

2.内諾申請
内諾を得るためには,教員に直接コンタクトを取らず,下記のとおり内諾申請を行ってください。

期日までに提出がない場合には,申請は受理しません。

○内諾申請期限:6月1日(月)~6月15日(月)【期限厳守】
○申請先:北海道大学経済学事務部教務担当
ecokyomu5(at)econ.hokudai.ac.jp (※(at)を@に書換えて下さい。)
○提出書類:
大学院入試申し込みシートWord※全員必須
②卒業(見込)証明書・成績証明書の写し(スキャンデータ)を所定の位置に貼り付ける。

(提出が間に合わない場合,その旨を「大学院入試申し込みシート」に記入してください。)
③語学力を証明する書類があれば,所定の位置に貼り付ける。

(提出が間に合わない場合,その旨を「大学院入試申し込みシート」に記入してください。)
○提出方法:
記入・作成した書類を全て1つのPDFファイルにまとめた上で,PDFファイルの名前を氏名(英文・大文字)とする。
完成したPDFファイルをecokyomu5(at)econ.hokudai.ac.jpへ送信する
メールタイトル:大学院入試事前内諾申請(○○ ○○←氏名を記入願います。)
【注意】一度に申請できる教員は2名まで,申請は1回のみ認めらます。
結果通知後の再申請はできませんので,注意してください。
○内諾申請の審査:審査結果の通知は7月1日(水)予定です。

3.出願
内諾をもらった方のみインターネットにより出願することができます。


【注意】修士課程一般入試(8月実施)における英語外部試験スコアについて
【補足】外国人志願者に係る財政能力証明書について

選抜方法・試験科目

  • 学科試験
  • 面接(口述試験)
  • 外国語の能力を証明する書類
募集要項 出願期間
令和03年度
特別入試(春季)
20/5/7~5/12【終了】
令和3年度 一般入試 事前内諾期間:20/6/1~6/15

インターネット出願期間:20/7/6~7/10
書類郵送締切:20/7/14(必着)

令和3年度 特別入試(秋季) 20/10/26~10/29
令和2年度 第2次一般入試 インターネット出願期間:19/12/2~12/6
書類郵送締切:19/12/10(必着)【終了】
社会人入試(専修コースのみ)
選抜方法・試験科目
  • 面接(口述試験)
  • 外国語の能力を証明する書類
募集要項 出願期間
令和3年度 社会人入試 事前内諾期間:20/6/1~6/15

インターネット出願期間:20/7/6~7/10
書類郵送締切:20/7/14(必着)

令和2年度 第2次社会人入試 インターネット出願期間:19/12/2~12/6
書類郵送締切:19/12/10(必着)【終了】
外国人留学生特別入試(・博士コース・専修コース)
選抜方法・試験科目
  • 学科試験
  • 面接(口述試験)
  • 外国語の能力を証明する書類
募集要項 出願期間
令和2年度外国人留学生特別入試 インターネット出願期間:19/12/2~12/6
書類郵送締切:19/12/10(必着)

博士後期課程

試験区分

一般入試
選抜方法・試験科目
  • 外国語試験(英語)
  • 口述試験
募集要項 出願期間
令和3年度 特別入試 インターネット出願期間:20/11/30~12/4
書類郵送締切:20/12/8(必着)
令和3年度 一般入試
令和2年度特別入試
(10月入学)
書類郵送締切:20/5/7~5/12(必着)【終了】
令和2年度一般入試
(10月入学)
高度専門人特別入試
選抜方法・試験科目
  • 第1次選考:書類審査
  • 第2次選考:口述試験
募集要項 出願期間
令和3年度
高度専門人特別入試
20/4/13~4/16【終了】
20/6/29~7/3
20/10/13~10/16
20/11/30~12/4(必着)

会計大学院(専門職学位課程)

詳細は会計専門職大学院の「入学試験」ページをご覧ください。

出願予備審査について

現在では,4年制大学卒業(あるいは卒業見込み)者以外にも広く門戸を開き,より多様な人材を受け入れようとしています。以下のような人は,大学院受験が認められる場合もありますので,入学試験に先立って「出願資格予備審査(書類審査および必要に応じて口述試験)」に出願してください。

  • 短期大学,高等専門学校,各種学校を卒業した人
  • 外国大学日本分校等の修了者など大学卒業資格を持たない人
  • 所定の単位を優れた成績で修得している大学3年以上の人
  • その他経済学院が,大学卒業と同等以上の学力があると認めた人