このページの本文へ移動

北海道大学大学院経済学研究院/経済学院/経済学部

ゼミとは何か

学問との出会い。友との出会い。師との出会い。

ゼミはドイツ語のSeminar(ゼミナール)の略で,英語ではセミナー,日本語では演習といいます。北大経済学部では3,4年生の全員が2年間,自分で選んだゼミに所属します。 ゼミは1学年あたりの定員が4~7名と少人数です。そこでは,各自の研究テーマについて,活発な議論がおこなわれます。与えられた学問ではなく,自分自身が興味を持ったことを深く掘り下げて研究するところ,それがゼミなのです。

ゼミで出会い,2年間ともに議論をたたかわせた同期生や先輩や後輩は,大学卒業後も利害関係抜きでつき合い続けられる,本当の友人です。そして,専門分野のエキスパートであり,しかも個性的で魅力的な教授たちとの出会いは,皆さんの学生生活をもっとエキサイティングなものへと導いてくれることでしょう。

経済学部のゼミで,あなたもわくわくするような出会いをしてみませんか。

ゼミのルーツ本学部の教育体制の大きな特徴は,ゼミ(演習)を核とした少人数教育という良き伝統にあります。元来,講義と区別される演習という制度の日本における創始者は新渡戸稲造と言われています。
新渡戸が札幌農学校の教務部長だった1895年,カリキュラム改革の一貫として,理科系の実験に相当するものとしての演習を文科系の教育にも取り入れたのが最初だと伝えられています。