このページの本文へ移動

北海道大学大学院経済学研究院/経済学院/経済学部

概要

目的・理念

学院の構成

専攻と教育課程

大学院経済学院
現代経済経営専攻

修士課程

博士コース
専修コース

修士
(経済学)(経営学)

博士後期課程

博士
(経済学)(経営学)

会計情報専攻

専門職学位課程

アカウンティングスクール
会計修士
(専門職)

研究・実務の最前線

北海道大学大学院経済学院は,グローバル化と情報化により急激に多様化した現在の経済・経営現象を,幅広く研究教育の対象としています。経済学・経営学の普遍的な研究教育はもとより,時代の要請に応えるさまざまな領域の研究教育が,現代経済経営専攻と会計情報専攻の2つの専攻で展開されています。

現代経済経営専攻
修士課程 博士コース
  • 経済・経営分野の深い学識・幅広い視野,そして豊かな創造的能力を有する研究者を育成するためのコースです。
  • 各自の研究テーマに基づき,修士論文を執筆します。
修士論文
  • 研究論文としての学問的な独自性と発展性が期待されます。博士後期課程進学の際は審査対象にもなります。
  • 成果は公開の修士論文発表会で報告します。

 

修士課程 専修コース
  • 経済・経営分野の広範な知識と,実践的問題解決能力を有する高度専門職業人の養成するためのコースです。専修コースには,経済政策コースと経営管理(MBA)コースの2つがあります。
  • 修士論文の執筆より自由度の大きい「研究成果報告書(リサーチペーパー)」を執筆します。
  • 修了者は,官公庁や企業・NPO等における管理者やスペシャリスト,独立起業家等としての活躍が期待されています。
研究成果報告書
(リサーチペーパー)
  • 専門的知識の理解や応用,文献資料分析,フィールド調査など,専修コースで磨いた知的スキルを文章に表したものです。
  • 公開の発表会に参加して,多くの人に成果を発表することもできます。

 

博士後期課程
  • 自立した研究者として独創的な研究を進めることができ,高等教育機関において研究教育を行える高度な能力を有する人材(研究者等)を育成するための課程です。
  • 博士論文の執筆が主なタスクですので,修士課程のようなコースワークは課しません。
  • 演習と特別研究(ワークショップ)において綿密な研究指導を受けることができます。
博士論文
  • 学術雑誌に掲載された論文(原則として審査を経たもの)に,研究動向や研究史の整理紹介,調査報告,基礎資料等を付加して一つにまとめ再構成したものを標準とします。
  • 執筆に際して公開研究発表を行い,様々な助言を受けることができます。
会計情報専攻
専門職学位課程(アカウンティングスクール)
  • これからの社会で求められる高度な専門性と幅広い視野,そして社会的責任感と倫理観を備えた会計専門職を養成するための課程です。
  • 学生と教員の対話を重視し,実務能力と問題解決能力を高めることに主眼を置きます。
  • 修士論文は課しません。会計とIT・経営情報分野を中心に48単位以上の修得が修了要件です。
  • 修了者は,公認会計士はもちろん,最先端のビジネスパーソンあるいは国税専門官などとして活躍することが期待されています。

*アカウンティングスクールに関する詳細は,『北海道大学アカウンティングスクール』をご覧ください。